Creating
New Value
in Temperature

Vision of Osaka Heat Cool

温度の新しい価値を創造する

スマートフォンやパソコンは優れた情報発信ツールですが、機械が人間に与えることのできる情報は視覚と音に限られています。味覚、嗅覚、触覚にアプローチすることで、スマートフォンを超えたイノベーションが見えてきます。

ここで触覚とは、皮膚から伝わる圧力と温度です。圧力は振動素子、圧電素子、超音波で再現できますが、温度の再現には課題があります。温度を再現するインターフェースを確立することで、触覚の完全再現を実現することができます。

私たち大阪ヒートクール株式会社は、ペルチェ素子を用いた温冷触覚インターフェースを開発することで、ICT機器にイノベーションを起こしていきます。温度という新しい価値観を通じて、皆様の生活の質の向上を目指します。

Smartphones and PCs are the ultimate form of information transmission, but the information that machines can give to humans is limited to sight and sound. By approaching the senses of taste, smell, and touch, we can see innovation beyond the smartphone.

Here, the sense of touch is pressure and temperature from the skin. Pressure can be reproduced by piezoelectric devices, but temperature is difficult to reproduce. By establishing a temperature reproducing interface, we can realize the perfect reproduction of the sense of touch.

We, Osaka Heat Cool Inc., will create innovation in ICT devices by presenting the hot and cold temperature reproducing interface using Peltier elements. We aim to improve the quality of life for everyone through the new value of temperature.

部品製造

認知最適化

熱電技術を活かした
温冷感覚インタフェース

個人の皮膚感覚への最適化

メンバー

伊庭野 健造
IBANO Kenzo
代表取締役
Representative Director

菅原 徹
SUGAHARA Tohru
デバイス開発
Device Developing

伊藤 雄一
ITOH Yuichi
ヒューマンマシンインタフェース
Human-Machine Interface

佐藤 克成
SATO Katsunari
ウェアラブルインタフェース
Wearable Interface